魅力が異なる動物プラセンタと植物プラセンタ

プラセンタの原料

動物プラセンタと植物プラセンタの特徴

プラセンタの製品には、動物プラセンタと植物プラセンタが存在します。それぞれアミノ酸やコラーゲンの量が異なり、感染症やアレルギー発症の危険性も異なります。ご自身の体調や体質に最も合ったプラセンタを使用し、元気とキレイを目指しましょう。

豚・馬・牛・羊から採取した動物プラセンタ

美容と健康の心強い味方であるプラセンタには、動物由来、植物由来など様々な種類が存在します。中でもSPF豚プラセンタはドリンクやサプリメント、コスメなど幅広い製品に使用されており、ポピュラーな原料の一つです。

同じくらい人気なのは馬プラセンタで、他の動物プラセンタの数百倍のアミノ酸が含まれており、品質や安全性が高いのも人気の理由です。動物プラセンタでは、他に牛と羊のプラセンタがありますが、狂牛病(スクレイピー)の危険性があるため日本では製造販売を禁止されています。

クセがなく摂取しやすい植物プラセンタ

植物プラセンタは、動物プラセンタに比べてクセがなく摂取しやすいと人気の商品です。また、アミノ酸やコラーゲンが豊富であることから、美しくなりたい女性に注目されています。

感染症の恐れがないという事も、植物プラセンタが選ばれる理由でもあります。ただし、ライ麦アレルギーのある方や、農薬を使用した植物プラセンタは使用を控えた方が良いでしょう。